◎旭化成ホームズ21年3月期第1四半期決算=期ずれ影響で増収増益、通期は減収減益予想◎ | 住宅産業新聞

◎旭化成ホームズ21年3月期第1四半期決算=期ずれ影響で増収増益、通期は減収減益予想◎

旭化成(東京都千代田区、小堀秀毅社長)は4日、2021年3月期第1四半期連結業績を発表した。事業別業績のうち、住宅事業は売上高1391億円(対前年同期比6・5%増)、営業利益98億円(同11・6%増)の増収増益となった。海外売上高比率は3・0%(同0・9ポイント減少)。不動産部門の分譲事業が堅調に推移したことに加えて、前期末に発生した新型コロナウイルスの影響による部材納入遅れのため、建築請負部門で引き渡しの一部が今期にずれ込んだことにより、増益となった。請負受注高は476億円(同47・8%)、受注残は5490億円。展示場来場数の減少などを背景に低迷した。

2020年08月13日付2面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)