住宅購入の年齢層が低下か、SUUMO副編集長「分譲マンションの価格高騰が影響」と

一部住宅メーカーやビルダーではここ数年、共働き世帯の増加や低金利の影響などにより戸建住宅を購入する平均年齢が低下傾向にあるという。

ポラスグループ(埼玉県越谷市、中内晃次郎代表)によると、2018年度の購入者平均年齢が35・8歳だったのに対して19年度は1・3歳下がった34・5歳だったという。

これに対してリクルート住まいカンパニー(東京都港区、淺野健社長)の不動産・住宅情報サイト『SUUMO』の笠松美香副編集長は「分譲マンションの価格の高騰が影響している」と指摘する。

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

2020年07月30日付3面から抜粋
全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください
毎週じっくり読みたい【定期購読のご案内
今スグ読みたい【電子版で購読する

あわせて読みたい

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)