アールシーコアが収益回復へ施策展開、新中期3ヵ年計画期間で定着目指す | 住宅産業新聞

アールシーコアが収益回復へ施策展開、新中期3ヵ年計画期間で定着目指す

「BESS」ブランドでログハウス事業を展開しているアールシーコア(東京都渋谷区、二木浩三社長)は2021年3月期を初年度とする「新中期3ヵ年計画」において、売上高240億円、営業利益率8・0%を目指すことを発表した。

前中期計画では「BESSのブランド力がそれに見合う収益性に結びつかなかった」と捉えており、「ブランド価値を維持・強化していくためにも収益の回復は必要」(BESS事業本部生産資材部責任者・宮本眞一取締役)という考えから、必要な施策として(1)営業部門で販社を統括するエリアマネージャーを3人から7人に増員(2)昨年から工程管理システムの導入(3)今年4月に販社の施工能力を向上させるための技術推進室の設置(4)ITシステムの充実――など3年をメドに定着させることで、供給棟数を現在の2~3倍を目指しながら本部・販社一体で収益の向上を図っていく。

2020年07月02日付3面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)