ポラスグループ・住宅品質保証の木造新社屋「テクノ キューブ」が完成=一般流通材と住宅用プレカット加工機を利用 | 住宅産業新聞

ポラスグループ・住宅品質保証の木造新社屋「テクノ キューブ」が完成=一般流通材と住宅用プレカット加工機を利用

木でできたビルを実感できる内観木でできたビルを実感できる内観

ポラスグループの住宅品質保証(埼玉県越谷市、高橋一郎社長)は3月27日、同社新社屋「テクノ キューブ」の完成見学会を開催した。

新社屋は同グループの木造住宅で使用している一般流通材と住宅用プレカット加工機の利用によるオリジナル構造部材「合せ柱」および「重ね繋ぎ梁」とCLT(直交集成板)を耐力壁として使用した木質構造による3階建てのオフィス。施工手間の短縮を目的にCLTを活用することで工期短縮・費用削減を行った。

「ポラスグループらしく一貫施工体制が確立できた」と考えており、隣接するポラテック本社ビルの「ウッドスクェア」とも調和のとれた建物となっている。また、グループとして初めてフリーアドレスを採用したほか、ペーパーレス化やデジタル化を推進することで、経費削減および生産性向上を目指す。

3月10日から業務がスタートしており、同社社員159人が勤務するほか、グループ社員のサテライトオフィス機能も持たせている。

2020年04月02日付3面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリ版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)