長谷工コーポレーション=池上専務が社長昇格、新中計を新執行体制で | 住宅産業新聞

長谷工コーポレーション=池上専務が社長昇格、新中計を新執行体制で

池上一夫取締役池上一夫取締役

長谷工コーポレーションは取締役会を開き、4月1日付で池上一夫取締役専務執行役員の社長昇格を内定した。

辻範明社長は代表権のある会長に、大栗育夫会長は取締役相談役に就く。

辻氏の社長在任期間として6年が経過するとともに、新中期経営計画のスタートの年にもあたることから、新たな経営執行体制で取り組む。

新社長に内定した池上専務は記者会見で、今後の経営方針として「建設関連事業とサービス関連事業の両輪体制の確立、地方主要都市の収益基盤の構築、強固な財務基盤の維持など、従来から進めてきた方針をまずは堅持をしていく」とした。

2020年02月13日付2面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)