イノスグループが『モテナ平屋』を販売=家族の成長・変化に対応 | 住宅産業新聞

イノスグループが『モテナ平屋』を販売=家族の成長・変化に対応

開放的な室内空間開放的な室内空間

住友林業(東京都千代田区、市川晃社長)が運営する地域工務店ネットワークの「イノスグループ」は6日、家族の成長や家族構成の変化に対応する住宅『MOTENA(モテナ)平屋』の販売を開始した。

『モテナ』シリーズは16年10月、「住まうすべての人を〝もてなす〟あたたかく心地よい家」というコンセプトにより販売したのを皮切りに、18年3月には、(1)家事動線を考慮した収納(2)回遊型キッチン(3)大型シューズクローク――といった働く女性の声を集めて商品化した『モテナ プラス』を販売していた。

2019年12月12日付3面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)