瑕疵保険料水準見直し=国交省での議論、供託金も | 住宅産業新聞

瑕疵保険料水準見直し=国交省での議論、供託金も

国土交通省は、住宅瑕疵保険の保険料水準を見直す方針を打ち出した。

住宅瑕疵担保履行制度が、10月に完全施行開始から10年が経過するのを前に進めている検討会で保険料見直しの進め方が議論されており、10年経過した時点での実績データを基に検討することとなった。

現状の事故頻度や損害額では、保険料水準引き上げの必要性を示すほどの傾向は把握されていないが、建築費の上昇は考慮する方向。保険会社側としては、保険料水準の乱高下や制度破綻を回避するためとして、余裕をもたせたい意向だ。

また保険に合わせ、供託金についても見直す考え。
【記事全文は本紙3月14日号に掲載】

2019年03月14日付5面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリ版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)