TOTOが米国CESへ4回目の出展、パブリックトイレにIoTで新たな価値創出=北米展開視野に

展示ブース展示ブース

TOTO(福岡県北九州市、喜多村円社長)は8日から11日まで米国のラスベガスで開催された世界最大規模のエレクトロニクス国際見本市「International Consumer Electorics Show」(以下、CES)に4回目となる出展を行い、北米展開を念頭にパブリックトイレへの実装に向け協業のかたちで開発を進めている、IoT活用の新システムをモデル展示した。

パブリックトイレの利用状況をデータでタイムリーに把握することで、主に大規模施設におけるパブリックトイレのメンテナンスコスト低減に寄与させるといった、パブリックトイレ空間での新たな価値創造を目指している。

2019年01月24日付4面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

全国の話題から(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

コメントを残す

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)