積水ハウス、幸せ研究第一弾で脱〝LDK〟=自由に過ごす大空間

積水ハウス(大阪市北区、仲井嘉浩社長)は3日、鉄骨住宅商品の新コンセプトモデル「イズ・ロイエ ファミリースイート」を発売した。

同社独自の大断面梁を使って最大約60平方メートルの柱・壁のない大空間を用意し、多様化するリビングでの家族の過ごし方に合わせて、心地よい居場所をあちこちに作るという提案だ。

大邸宅でなくても、120平方メートル前後の平均的な広さの住宅でも対応できるプランという。幸せを研究する住生活研究所の研究成果の第一弾として、戦後の家づくりの基準となっていた「LDK発想」から脱却し、家族の暮らし方や過ごし方を重視した。

2018年10月11日付1面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

全国の話題から(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)