日本CFS建築協会、スチール建築の国内普及目指す | 住宅産業新聞

日本CFS建築協会、スチール建築の国内普及目指す

薄板軽量形鋼造建築の普及を目指す事業者や研究者などで組織する日本CFS建築協会(東京都新宿区、曽田五月也会長)は19日、設立総会を開催した。

代表理事の脇田健裕早稲田大学理工学術院総合研究所招聘研究員は、「次世代のCFS建築生産システムの開発と普及を目指したい」とあいさつした。

2018年07月26日付2面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリ版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)