SW会が大会、今年度2千棟の供給目指す

LIXILの高気密・高断熱・高耐震の住宅工法であるスーパーウォール工法の住宅を供給しているビルダーの自主組織「スーパーウォールビルダーズファミリー/全国スーパーウォール会」(SW会、石川誉興会長、アーバンハウス社長、442社加盟)の「2017全国SW会年次大会」が5月24日、東京都港区のメルパルクホールで開催された。これには全国から500社701人が参加した。今年度は高性能住宅市場におけるトップランナーグループとしての地位を確立する目的で2千棟の供給を目指すほか、供給棟数に占める「耐震等級3」を60%、「制震SWパネル」は90%の達成を推進することでSW工法のナショナルブランド化を図っていきたい考えだ。

2017年06月01日付3面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

全国の話題から(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)