エルハウジング、VR導入で購入者取り込み

エルハウジング(京都市右京区、村井孝彦社長)はこのほど、バーチャルリアルティ(VR)システムを活用した3D住宅プレゼンシステム「ALTA(アルタ)」の導入を開始した。同社ではこれまで住宅購入者には、平面図や住宅パースを利用した説明を行ってきたが、購入者にはイメージが伝わりにくいといった声があったことや、営業担当者とのイメージのズレを解消することが導入のいきさつ。今回、VRソフト導入によって、宅地造成中の状態でも住む街と家の状況をバーチャルで確認することができる。一方、営業担当者にとっても住宅内部の説明が容易になることで、モデル住宅の完成前の早期成約につながり、購入者を取り込むことで物件の早期完売につなげたい考えだ。

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

2017年05月11日付3面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

あわせて読みたい

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)