郊外住宅地で高齢者住宅、パナホームの資産活用事業で

パナホームは、郊外住宅地の土地オーナーに対して賃貸住宅に加えて高齢者向け住宅の提案を拡大する。今年1月以降パナソニックグループの高齢者介護事業を「エイジフリー」に統一し、土地開発から運営までグループで行うことが可能になった。同社は高齢者住宅の提案により、賃貸住宅以外の選択肢を土地オーナーに提案する。介護施設の運営・サービスを手がけるパナソニックコムハートは、2018年度までに三大都市圏を中心に150拠点の小規模多機能型居宅介護併設のサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)を供給する予定。パナホームはこのうちの50拠点を土地開発から設計・施工まで手がけるとしており、今後パナソニックとの事業連携を加速する。

2015年08月06日付2面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

JavaScriptをOnにしてください

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)