【新年特集2021】ポストコロナ見すえた次世代の室内環境実現=積水ハウスの「スマート・イクス」

全文公開中

積水ハウス(大阪市北区、仲井嘉浩社長)が、「ポストコロナを見据えた次世代の戸建住宅の室内環境提案」(野間賢総合住宅研究所長)と位置付ける『SMART-ECS(スマート・イクス)』。コロナ禍がもたらす「新しい生活様式」にあって、快適な室温を維持しながら、常に生活空間の空気を清浄に保てる設計提案で、住む人の健康維持に貢献する。さらに、家族の感染時にも対応できるプランも用意した。

スマート・イクスは、機器面では、高機能熱交換型換気システム「アメニティー換気システムⅣ」と天井付空気清浄機「エアミー」を搭載している。これらを活用しつつ、空間設計では「換気ゾーニング」を採用。換気によるきれいな空気が、生活空間であるLDKに給気され、そこを風上に建具の通気スペースを通り、非生活空間である玄関や土間空間に流れるように設計する。

帰宅してすぐにうがいや着替えができるように、玄関に入ってすぐの場所に手洗いを設置する「チェンジングルーム」も提案。換気ゾーニングと同様に、外の汚染物質を落とし、居室に入れないとの考えに基づく。

「邸別換気シミュレーション」は、熱流体解析ソフトと独自の住宅設計CADと連携させることで、各戸別の換気計画のシミュレーションを可能にした。設計段階から、普段目に見えない空気を〝見える化〟する。「きれいな空気の広がり、流れを可視化することで、住宅プランに適した設計を合理的に提案する」(同社)としている。

「自宅療養配慮プラン」は、家族が感染症になった時への備え。2階の寝室を「自宅療養対応寝室」に想定。玄関からLDKを通らず寝室まで行ける独立した動線を確保するとともに、寝室には洗面やトイレを備え、極力ほかのゾーンに移動することなく生活できるよう配慮した。

2021年01月07日付2面に掲載
定期購読のご案内
電子版で購読する

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
この記事にも注目
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)