住宅エコポイント、リフォームは設備機器と開口部工事のみ対象に | 住宅産業新聞

住宅エコポイント、リフォームは設備機器と開口部工事のみ対象に

政府は、緊急経済対策に盛り込まれた住宅エコポイントで、リフォーム工事については窓などの開口部に限定し、壁や屋根など断熱工事は当面、対象としない方向で検討している。設備機器については工業製品として省エネ性能が確認できるが、壁や屋根などの断熱リフォームでは現場施工を伴い悪質事業者を排除するための現場確認が必要になる。しかし、これらの工事は規模や施工内容も多様となるため、簡便な手続きでの現場確認は困難と判断。悪質業者の横行を後押しすることも懸念されることから、出荷数が統計的に確認できる窓などに限定する意向となった。

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)