家賃保証会社登録や悪質な督促規制する法案、来年の国会へ提出 | 住宅産業新聞

家賃保証会社登録や悪質な督促規制する法案、来年の国会へ提出

国土交通省は、来年の通常国会で家賃保証会社の登録制度や悪質な家賃督促行為を規制する法案を提出する方針だ。馬淵副大臣が記者会見で明らかにしたもので、「来年の通常国会での審議に資する形で法案提出を十分に検討している」とした。14日に社会資本整備審議会民間賃貸住宅部会が最終とりまとめ案を議論し、賃貸住宅に関する裁判外の紛争解決制度(ADR)の活用や弁済履歴情報のデータベース化に関する考え方を整理した。馬淵副大臣は、こうした意見を踏まえ、法制化作業を進める意向を示した。

コメントを残す

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

2019年度上期アクセスランキング

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください
 

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10MB)