海外住宅市場開拓へ、政官民が連携–新組織を構築【新年特集 変化する時代の多角化戦略】

2019年は住宅業界の国際化が本格的に始動しそうだ。

少子高齢化や人口減少、世帯数の伸び悩みといった環境にあり、新築住宅需要の縮退が見込まれる中、業界では国際市場へと踏み出す動きが活発になっている。18年4月、国土交通省は住宅局に国際室を設置した。

国内環境はもちろん、海外市場の潜在力を見据え、局内各課で発生するごとに取り組んできた事業や支援を集約し、推進する体制を整えた。

6月には、海外社会資本事業への我が国事業者の参入の促進に関する法律(海外インフラ展開法)を公布。同法は、都市再生機構といった独立行政法人などが公的機関としての信用力や交渉力を活用し、日本企業が海外市場へ参入しやすくするためのものだ。

さらに、10月17日には、一般社団法人国際建築住宅産業協会(JIBH)が設立されている。

2019年01月10日付3面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

全国の話題から(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

特集はこちら

コメントを残す

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)