LIXILホームファイナンス、『完成サポートサービス』付住宅つなぎ融資の扱い開始 | 住宅産業新聞

LIXILホームファイナンス、『完成サポートサービス』付住宅つなぎ融資の扱い開始

LIXILホームファイナンス(東京都千代田区、金山佳正社長)は4日、施主に対する『完成サポートサービス』付住宅つなぎ融資の扱いを始めた。物件完工までの「安心」面のサービス強化が狙い。利用はLIXILフラット35とLIXIL住宅つなぎ融資の活用が条件。施工請負事業社が工事を継続できなくなった場合、工事の完成部分より多く支払った「前払金損害費用」と、代替建築事業者が工事を引き継ぐことによる当初の予算を超える追加費用「増嵩工事費用」を、一定の範囲内で保証する。LIXILフラット取次店登録事業者は追加費用なしで『完成サポートサービス』を扱える。

2017年01月19日付4面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)