11月17日から、有明でインテリアフェスティバル | 住宅産業新聞

11月17日から、有明でインテリアフェスティバル

社団法人インテリア産業協会は11月17日から19日の3日間、東京・有明の東京ビッグサイト西館で「インテリアフェスティバル2010」を開催する。

今回は「住まいは楽しい」がテーマ。住宅メーカーを中心に、インテリアコーディネーターとインテリア企業とのコラボレーションによる新たなライフスタイルを提案する。また、積水ハウス、トヨタホーム、三井ホーム・三井デザインテックの3者がテーマに沿った展示ブースを展開する。

このほか、アメリカのインテリアデザインに影響を与え続けているドロシー・ドレイパーの業績や人となりを紹介する展示コーナーや、2011年のインテリアトレンドをウインドディスプレイ形式で紹介、東京ガスによるキッチンを中心とした楽しいライフスタイル提案、インテリアコーディネーターやキッチンスペシャリストからの情報発信コーナーなどを設けた。

期間中は、社団法人日本インテリアファブリックス協会主催の「JAPANTEX2010」、一般社団法人日本インテリアプランナー協会主催の「IPEC―2010」、社団法人日本能率協会主催の「ジャパンホームショー2010」なども同会場で開催され、住宅や生活関連産業の展示会が集結する総合展となった。

コメントを残す

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

2019年度上期アクセスランキング

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください
 

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)