シーズンテック、センサーに触れるだけで開錠する無線ユニットを発売 | 住宅産業新聞

シーズンテック、センサーに触れるだけで開錠する無線ユニットを発売

セキュリティ事業を手がけるシーズンテック(本社=名古屋市中区丸の内2―11―5 カピス丸の内5階、大原孝教社長)は、シリンダーICロックに後付できる「オートリモコン」を発売した。無線ユニットを接続することで、常時自動発信するIDを認識し、タッチセンサーに触れるだけでドアの自動開錠が可能になる。同システムをオフィスや商業施設などへ提案する。

同社のシリンダーICロックは、既存の鍵穴に専用機器を搭載することで、IC電気錠に替える。携帯電話や社員カード、SUICAなど、ICが内蔵されているものであればなんでも鍵として登録できるのが特徴だ。

新開発設置工法により、穴開けやネジ止めの必要が無く簡単に原状復帰できるため、賃貸物件でも使用できる。

同社はオートリモコンの発売を皮切りに、シリンダーICロックの周辺機器を強化する計画だ。

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
電子版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)