ニッタン、スイープ音タイプの住宅用火災警報器 | 住宅産業新聞

ニッタン、スイープ音タイプの住宅用火災警報器

ニッタンは9月1日、高齢者にも聞き取りやすい警報音で火災を知らせる住宅用火災警報器「けむタンちゃん10」と「ねつタンちゃん10」を発売する。予想価格帯は3千円前後。全国のホームセンターなどで販売する。

新モデルは、従来の「ピーピーピー」のブザー音から『ビュービュービュー』のスイープ音に変更して、他の家電製品の音と区別しやすくした。スイープ音は、周波数が断続的に変化する音のことで、高齢者にも聞き取りやすい音とされている。また、小型専用リチウム電池を採用したことで、従来品と比べて約1割薄くなった。

電池寿命は10年。電池切れや故障時には、自動でお知らせする自動試験機能を備えている。

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
アプリ版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)