京セラ山口悟郎社長、PVは蓄電池とセット販売で

山口悟郞京セラ社長は2015年3月期第2四半期決算説明会で、15年度下期は住宅用太陽光発電(PV)事業を強化する方針を示した。
国内で唯一、PVシステムの30年以上の稼働実績があること、世界の第三者機関から認証を取得していることなどの長期信頼性を、生活者や住宅メーカーなどに訴求する。
九州電力などによる再生可能エネルギー固定価格買取契約保留の混乱を受け、「(国内PV市場の規模拡大速度は)スローダウンするかもしれない」(山口社長)として、「大容量蓄電池、家庭用エネルギー管理システム(HEMS)と組み合わせ、昼間発電した電気を蓄電池に貯め、必要なときに使う『自己消費型』の提案」(同)を軸に、国内PV事業の拡大を目指す。

訂正=記事掲載当初、タイトルに誤りがありました。正しくは「京セラ山口悟郎社長」です。2014年11月19日午後5時30分に訂正しました。

2014年11月13日付4面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

JavaScriptをOnにしてください

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)