木質建材メーカー=国産材利用比率高めた製品を投入、普及価格帯を揃えて普及後押し

木質建材メーカーが国産材の利用比率を高めた新商品を市場投入する。

永大産業は、伐採適齢期を迎えた人工林を積極的に活用した「日本の森活性化フローリング『里床(さとゆか)』」を発売する。日本製紙グループの住宅内装建材メーカーのパルは、普及価格帯商品でありながら100%国産材を使用したフラッシュドアと複合フローリングを開発。国産材製品の普及と利用を促進する。

これまで高級感を打ち出してきた国産材製品だが、幅広い価格帯の商品が出揃うことで国産材製品が選びやすくなった。

2013年4月4日付け4面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅産業新聞は業界の幅広いニュースを掲載しています
定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

全国の話題から(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

コメントを残す

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)