富士ソフト、柔軟性の高いEMSの提供を開始 | 住宅産業新聞

富士ソフト、柔軟性の高いEMSの提供を開始

ソフトウェア開発の富士ソフト(神奈川県横浜市、坂下智保社長)は日本マイクロソフトと連携して、住宅やオフィス、店舗などに幅広く対応するEMS(エネルギー管理システム)の提供を開始した。

システムはオープンで柔軟性があり、現在市販されているさまざまな特徴を持つEMS機器を、ユーザーの要求に応じて組み合わせる。電力量や蓄電量、外気温、室内温度などをタブレット端末などにまとめて表示するほか、空調・給湯などの機器の外出先からの遠隔操作も可能にする。

両社が開発した環境情報見える化ソリューション「FSGeen EMS」は、富士ソフトが住宅販売会社などに販売する。初期導入費用は、26万2500円(税込み)からとなっており、運用費として月額2万6500円(同)からが必要になる。現地調査から機器設置、利用開始までの期間は最短1ヵ月。初年度30社、3年後に累計170社の導入を目指す。

2012年7月26日付け6面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
電子版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)