パナ電工が睡眠環境システムを開発、2月からシモンズが販売

パナソニック電工は、照明・音響・空調(室温)などの睡眠環境要素を、睡眠研究の知見に基づいた専用プログラムでコントロールして睡眠環境を整えるシステム「レスティーノ」を開発した。ベッド上の人の動きをセンシングする体動センサーと室温センサーで、それぞれの状況に応じた適切な環境コントロールを行い、快適な眠り環境を提供する。2010年2月1日からベッドメーカーのシモンズ(本社=東京都港区、伊藤正文社長)へ同システムの供給を開始し、個人向けベッド市場での拡販を図るとともに、ハウスメーカーや家具・インテリアメーカーへの機器供給を中心に睡眠関連事業の拡大を図る。シモンズが販売する家庭用睡眠環境システム搭載ベッド「シモンズ レスティーノ」の価格は100万円前後になる予定。

住宅産業新聞は業界の幅広いニュースを掲載しています
定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

JavaScriptをOnにしてください

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)