不二サッシ、面発光するLEDプレートで新事業立ち上げ | 住宅産業新聞

不二サッシ、面発光するLEDプレートで新事業立ち上げ

ビル用サッシなどを手掛ける不二サッシは、LEDチップを搭載した板状のプレート全面が発光する「面発光体LEDプレート」を開発した。同商品で新たにLED市場に参入するため、8月にも事業部門を立ち上げる。住宅や商業施設などの照明用途のほか、農業や水産・医療など幅広い分野への商品展開を視野に、2015年度に30億円の販売を目指す。

面発光体LEDプレートは、LEDチップを搭載した基板を樹脂で2重にコーティングしたもの。LEDの光は、この樹脂コーティングを通して拡散し、プレート全面を発光させる。

プレートは、LEDチップと基板・回路が樹脂材料でコーティングされているため、高い防水性能を発揮する。また、基板からコーティングまでが約2・5ミリと薄く、搭載するLEDチップの数や形状を自由に調整できるので、明るさや色合い、曲面形状など、それぞれの用途に応じたプレートを制作することができる。

まずは、同社のユニットハウス「ユニスペース」への組み込みや、ビルなどの高層部、外壁で使用する指示灯、デザイン照明などの開発を進めるとともに、他分野・他業界などの新たな市場を開拓する。

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)