パナ電工、ドイツ・イタリアの見本市で有機ELを参考出展 | 住宅産業新聞

パナ電工、ドイツ・イタリアの見本市で有機ELを参考出展

パナソニック電工は、ドイツ・フランクフルトで開催される「Light+Building2010」(4月11日~16日)とイタリア・ミラノの「ミラノサローネ」(4月15日~18日)に有機EL照明パネルを参考出品する。

ドイツでは、照明器具メーカーへ照明デバイスを販売する連結会社のパナソニック電工フォスロ・シュワーベのブース内に、市場開拓を目的とした有機ELパネルの技術展示を行う。

イタリアのミラノサローネでは、展示コンセプトを「(standard)3-smart」として、「快適とエコ」を体感する空間を構築する。「洞窟」に見立てたインスタレーション展示では、LEDダウンライト(HomeArchi)を含む10アイテムを洞窟の中に散りばめて展示。その中に、有機EL照明パネルを使ったオブジェを展示する。

有機ELは、有機発光材料の薄膜を発光層に使用した発光ダイオード(LED)の一種。直流低電圧で高輝度が得られ、有機材料から構成されるため水銀を含まない、面上に発光するため光利用効率が高いことなどの特徴から、環境に優しい次世代新光源としての研究開発が進められている。

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

コメントを残す

こんな記事も読まれています

2019年度上期アクセスランキング

previous arrow
next arrow
Slider

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

JavaScriptをOnにしてください
 

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10MB)