三協立山アルミ、人工木デッキに設置できるテラス囲い | 住宅産業新聞

三協立山アルミ、人工木デッキに設置できるテラス囲い

三協立山アルミは、テラス囲い「ニュー晴れもよう」に、人工木デッキ「ひとと木」の上に設置可能な『デッキON仕様』を発売した。リビングと庭をつなぐ広がりのある空間をつくり、ランドリースペースや趣味のスペース、子どもの遊び場など多用途に活用できる。

気になる外からの視線や日差しを抑える遮光パネルやカーテンレールとの併設も可能な側面用吊下げ式竿掛けなど、快適性を高めるアイテムを充実させた。

サイズは、間口1、1・5、2間、出幅3、4、5、6、9尺、高さは2400ミリと2700ミリを用意した。価格は、間口2間×出幅6尺×高さ2400ミリのニュー晴れもようが61万5300円(税、搬入工事費除く)。

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

コメントを残す

こんな記事も読まれています

2019年度上期アクセスランキング

previous arrow
next arrow
Slider

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

JavaScriptをOnにしてください
 

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10MB)