矢野経済研究所、2024年度における主要住宅設備機器の市場規模を21年度推計比3・4%増と予測

矢野経済研究所(東京都中野区、水越孝社長)は12日、「水回り(キッチン・システムバス・住宅用温水洗浄便座・住宅用衛生機器・洗面化粧台)」・「水回り関連(食器洗い乾燥機・家庭用給湯器・浴室暖房乾燥機・コンロ)」「創エネ関連(家庭用蓄電システム・住宅用太陽光発電システム・家庭用燃料電池)」の各市場規模を合計した主要住宅設備機器の市場規模予測調査の概要を発表した。

それによると、2024年度における主要住宅設備機器の市場規模は21年度推計比3・4%増の1兆8660億円へ拡大を予測。各市場別では8・1%増の「水回り関連」と6・2%増の「創エネ関連」を、「主要住宅設備機器の中でも堅調な伸び」(同社)を見込んだ。

2022年09月20日付1面から抜粋
全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください
毎週じっくり読みたい【定期購読のご案内
今スグ読みたい【電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

記事をシェアする

あわせて読みたい

ほかの記事も読む

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)