YKKAP、初の「Z世代」意識調査=「これから求められること」把握で

YKKAP(東京都千代田区、堀秀充社長)は21日、「全国の男女2090人に『住まいに関する意識調査』を実施 Z世代の約6割が住宅購入の意向ありと回答」と題するニュースリリースを行った。

同社は従来から市場投入する製品の競争力を高める目的でエンドユーザーの嗜好やニーズを把握する意識調査を行っているが、調査で把握した情報の中で、同社の製品の購買年齢層ではない25歳未満のZ世代にフォーカスし分析したリリースを行うのは今回が初。理由について「Z世代はこれからの時代をつくる世代。その意識を調べこれからの住まいに求められることを把握し、それを各種の取り組みや開発に生かそうと考えたため」と説明している。

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

2022年06月28日付4面から抜粋
全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください
毎週じっくり読みたい【定期購読のご案内
今スグ読みたい【電子版で購読する

あわせて読みたい

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)