YKKAP、新事業部で「木窓」商業化へ=開発過程、パッシブタウンの知見反映

YKKAP(東京都千代田区、堀秀充社長)が「木窓」の商業化に乗り出す。

4月、木窓と「木製パネル」という2つの新領域事業を受け持つ「木質建材事業部」を設立する。商業化の過程ではYKK不動産が富山県で開発を進める「パッシブタウン」で扱う木窓の知見を製品開発に反映させる。

YKKAPは2016年にドイツで開催された建材見本市展に木窓のコンセプトモデルを出品、それを取材した住宅産業新聞に対して堀社長が「今後ぜひ手がけたいのは木製の窓だ」と発言している。パッシブタウンで竣工した最新街区に関する15日の記者発表の中でYKK不動産の取締役も兼務するYKKAPの八木繁和技術顧問は、「〝窓を考える会社〟として(木窓製品化は)やって行く方向は間違いないと思う」と述べた。

YKKAPの木窓商業化が施策として始動する。

木窓はガラスを納めるフレーム部に木質建材を使用する。YKKAPは2016年にドイツで開催された国際建材見本市展「フェンスターバウ」に、木窓製品のコンセプトモデル「4G」を参考出品した実績を持つ。4月に設置する木質建材事業部は、従来から扱う室内ドア・引き戸、アルミインテリア建材のほか、「木窓」と「木製パネル」という新たな事業領域の分野も管掌することが特徴だ。

2022年03月29日付1面から抜粋
全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください
毎週じっくり読みたい【定期購読のご案内
今スグ読みたい【電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

記事をシェアする

あわせて読みたい

ほかの記事も読む

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)