LIXIL、将来のニーズ把握し新サービス創造=生活者の様子の評価・分析「暮らしのディープデータ分析」ベースに

IoT活用のシステム展示(イメージ)IoT活用のシステム展示(イメージ)

LIXIL(東京都千代田区、大坪一彦社長)は将来顕在化する社会課題の解決を新規事業に結びつける取り組みを進める。

同社テクノロジーリサーチ本部が中心となり、5年~10年後の中長期的な将来に社会的な対応課題として顕在化する可能性が高いニーズを、住まいの中の生活者の様子を評価・分析して探り出す「暮らしのディープデータ分析」(同社)を通じて把握。住設・建材商品とIoTを融合させた社会と個人を豊かにする新しい技術とサービスの創造を図る考えだ。

2018年12月20日付4面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

全国の話題から(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

特集はこちら

コメントを残す

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)