ケイミュー、19年度から5ヵ年の新中計スタート=売上高構成比、長期的に新築依存9割を5割に | 住宅産業新聞

ケイミュー、19年度から5ヵ年の新中計スタート=売上高構成比、長期的に新築依存9割を5割に

ケイミュー(大阪市中央区、木村均社長)は2019年度に新中期5ヵ年経営計画を始める。28日の合同記者会見で木村社長が明らかにした。企業としての存続意義を「社会が抱える課題の解決を図る、社会から必要とされる企業」(木村社長)に置き、国内は新築住宅およびリフォーム、非住宅の各領域で、課題解決型の商品開発や提案営業を強める。非住宅は今年度から前倒しで、現在は東名阪に限定し置いている直需事業者にスペック・インの提案活動を行う非住宅専門の営業チームの全国展開に着手する。長期的には国内新築住宅市場の規模縮小への対策として、現在は9割を同市場に依存している売上高構成比を、「国内新築」対「国内非住宅+同リフォーム+海外」で等分にしたい考えだ。

2018年05月31日付1面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリ版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)