トクラスが会員にオリジナルキッチン商材、『ベリー』拡販狙い新施策=新会員制度『ベリープレミアムパートナー』を新設

トクラス(静岡県浜松市、佐々木良社長)は中高級帯システムキッチン『ベリー』の拡販策として、川下展開を強化する。同社は従来から地域工務店・リフォーム店を主な会員とするボランタリーチェーン(VC)として会費制の『トクラスリフォームクラブ』(以下TRC、会員数約1500社)を運営しているが、10月に入会金と会費が無料の会員制度『ベリープレミアムパートナー』を新設。今後2年間でTRC会員とベリープレミアムパートナー会員を合わせ、VCの会員規模として現状の倍増となる約3300社の確立を目指す。ベリープレミアムパートナーに入会するメリットは、『ベリー』の会員用オリジナル商材が扱える、来春発売予定で現時点ではまだ市場投入されていない『ベリー』の新商品を先行販売できる――など。また、今後、他のキッチンメーカーのVCでは行われていない、会員事業者のキッチン販売に寄与する新メニューをTRCに導入する方向。新設のベリープレミアムパートナーやTRCの強化を『ベリー』の拡販に寄与させ、キッチンメーカー各社が売上規模の拡大を目指している中高級帯キッチン市場で競争力を高めたい考えだ。

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

2017年11月30日付4面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

あわせて読みたい

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)