LIXIL、業界初の大臣認定防火設備のスライド勝手口

LIXILは、業界初となる国土交通大臣認定防火設備のスライド勝手口「防火戸 ガゼリアN」を4月1日から順次発売する。防火戸の需要が高い都市部の狭小住宅やビルトインガレージなどに提案する。

同商品の扉や枠に、形状を保持して炎の延焼を抑える補強芯材や、炎が漏れるのを防ぐ加熱発泡材を採用した。さらに、温度上昇と炎の貫通を抑える専用ガラスを採用して防火性能を発揮する。

2008年に発売したガゼリアNのモダンなデザインや、扉の開閉によるデッドスペースをつくらないスライド構造などを継承した。防火地域や準防火地域に指定されている場合が多い、都市部や狭小地での使い勝手に考慮した。外壁厚50ミリまで対応可能で戸袋レスにしたことで、通気工法にも対応する。

アルミタイプは4月1日発売、アルミ樹脂複合タイプは5月1日に発売予定。価格は23万2千円(アルミタイプ、税・ガラス・組立代・取付費・運賃は別)。

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

あわせて読みたい

住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)