スマートホーム、日本市場で普及目指す=リビングテック協会を設立 | 住宅産業新聞

スマートホーム、日本市場で普及目指す=リビングテック協会を設立

山下智弘代表理事山下智弘代表理事

IoTやAI(人工知能)、ビッグデータなど、何が便利なのかわからないということはないだろうか。あらゆるデータを吸い取られてしまうのではないかという不安感もある。

しかし検索エンジンやスマホアプリのように、気づけば「わからない」まま生活に深く入り込んでいるものは多い。スマートホームを日本に普及させようと今年2月に設立された「一般社団法人LIVING TECH協会」(リビングテック協会)は、利用者にスマートホームにまつわるあらゆる疑問を解消する情報の発信、環境づくりを目指す。

そのために参画を呼びかけるのは、ハウスメーカーや工務店など住まい手に最も近い場所にある事業者だ。提供するのはスマートホームの情報だが、今は利用者のほうが詳しくなっていることもあり、ビジネスチャンスを逃しかねない。IoT関連機器の開発・導入が海外に比べて日本が遅れているとの危機感から同協会を立ち上げた山下智弘代表理事の狙いを聞いた。

2020年07月09日付1面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリ版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)