2021年1月7日(第2025号)/赤羽一嘉国土交通大臣・新春特別インタビュー=住宅需要引き上げに取り組む

新年特集
〝ピンチをチャンス〟に~減災・健康・働き方~=ポストコロナ見すえた次世代の室内環境実現=積水ハウスの「スマート・イクス」/ポラスグループ、HPのスマホ対応などが受注後押し=予約状況可視化で三密回避/住設・建材の重要性クローズアップ、ここ数年の大型台風に加えコロナ禍で/行政・グリーン住宅ポイント制度創設、性能確保の住宅整備を促進/行政および団体の年頭所感

主なトピックス
積水化学住宅カンパニー、買取再販で新ブランド、三大都市圏で本格展開/ケイアイスター不動産「ダンランのマチ」、敷地形状の問題点解消建物配置や「街灯り計画」で/永大産業、抗ウイルス仕様を初リリース=今後も各既存製品に追加/国交省の21年度予算=1%減の5兆8981億円、補正含め55%増の9兆1893億円で、「新たな日常」実現へ//在宅勤務経験者、約3割がリフォーム・住みかえ=カーディフ生命保険が意識調査、全体での実施率は約2割/新設住宅着工都道府県別表(11月分)

連載
コラム「ひと」=リクルート住まいカンパニープロダクトマネジメントユニット長の横溝真衣さん/【新連載】新たな地域工務店を目指して(1)住宅支援機構代表理事・堰口新一/住宅トラブル対応作戦 弁護士・石川利夫 296/注目の助成金=73(ナビット社長 福井泰代)/木造ハウジングコーディネーター 目指せ!木造住宅のスペシャリスト=80日本木造住宅産業協会)

掲載記事一覧
CFS普及へ東大と社会経済的な価値を共同研究、建築協事務局に参加企業募集/大和ハウスなど産学連携で研究開発拠点、福岡市と九州大が推進/20年11月度展示場来場者、3ヵ月連続で減少/ミサワが3階建て賃貸、MJウッドで発売/大和ハウス、欧州で工業化建築、オランダで現地子会社が株式譲受/パナソニックホームズ、ペット共生賃貸提案を強化/ヒノキヤグループが小屋裏を居室に使用する『アトリエ』の販売開始/大東リーシングがFC事業を開始、石巻市に1号店をオープン/ファイブイズホームが栃木店オープン、県南エリアの充実目指す/ダンドリワークスが電子契約サービスと連携、クラウド上で作業完結/11月の木軸着工は1・2%減/アイカ工業、コロナへの抗ウイルス効果確認=「アイカウイルテクト」業界初、メーカーのショールームにも採用/タカラスタンダード、中高級帯の洗面化粧台が販売増=ホーロー製、メンテや増設ニーズ/YKKAP、後付けシャッター6・8倍=業績、当初見込みから減少率改善/【住設・建材大手トップの年頭所感】LIXIL瀬戸欣哉社長、YKKAP堀秀充社長/環境省でZEH+を支援、1戸あたり105万円補助、経産省エネ庁も予算確保/国交省の3次補正予算、ポイント制度創設など/高齢者住宅協会=オンライン窓口を設置、住み替え相談受付/1月の住宅ローン金利/ パナソニック、UR都市機構と「既存の集合住宅団地における移動支援を介した共助型サービスの実証に関する共同研究協定」を締結 他

人事・機構改革
大和ハウス工業

関連するキーワード

こんな記事も読まれています

最近の紙面

過去の紙面

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)