2020年4月16日(第1992号)/新型コロナウイルス感染拡大で「緊急事態宣言」発令後の大手住宅企業、事業所休業・対面接客を自粛=要請前の早期決断で感染防止 | 住宅産業新聞

2020年4月16日(第1992号)/新型コロナウイルス感染拡大で「緊急事態宣言」発令後の大手住宅企業、事業所休業・対面接客を自粛=要請前の早期決断で感染防止

お知らせ
次週4月23日付は休刊のため、次号発行は4月30日付(第1993号)となります。よろしくお願いいたします。【編集部】

主なトピックス
積水ハウス、海外戸建て販売1万棟へ=工業化技術を世界展開、米豪英の3ヵ国を主戦場に/ダンドリワークスがFCとも積極的に提携、三者がメリット享受/大手住設・建材メーカー、緊急事態宣言受け対象自治体のショールーム休館に=一部は電話対応、宣言終了後の運営は未知数/日本銀行、住宅投資は需要下振れ懸念を報告=さくらレポート、新型コロナ影響受け/サンアクアTOTO、給水栓のJIS認証取得し〝企業力〟向上

連載
コラム「ひと」=ケイアイネットクラウド次長の渡邉翔吾さん/注目の助成金=49(ナビット社長 福井泰代)/これからの木造建築のつくり方=15(株式会社MAKE HOUSE・今吉義隆)/住宅トラブル対応作戦=267(弁護士・石川利夫)/木造ハウジングコーディネーター 目指せ!木造住宅のスペシャリスト=66日本木造住宅産業協会)/ネット追客の成功法=71(㈱追客力代表 曽根田太郎)

掲載記事一覧
2020年3月主要住宅企業9社の受注速報、全社がマイナスに=駆け込みとコロナで/コスモスイニシア、テレワーク対応のリノベマンション=時間・場所に囚われない働き方、リコーと共同企画/ヤマダ電機、レオハウスの買収価格は約5億円に/エヌ・シー・エヌ「SE構法」の構造材出荷数、3月が過去最多に/一建設がリースバック事業を開始、新築に住み替え可能/大東建託がカップル・ファミリー向け「REVASA」を販売/ハイアス「R+house」の3月受注、増税前に回復/YKKAP、偏芯基礎部品など採用=普及帯カーポート「エフルージュ ファースト」やフェンス拡充/LIXIL、普及価格帯のガーデンルーム「ガーデンルームGF」発売=DIY対応でネジ打ち可能/オムロン、事業者の太陽光発電電力自家消費に対応=6月に完全自家消費対応のパワーコンディショナー「KPW―A―2」/YKKAP、大都市部の樹脂窓需要開拓で「APW430 防火窓」発売=透明な耐熱強化ガラス採用で高い眺望性/エクセルシャノン、低層建築物用樹脂窓「Lシリーズ」発売/国交省、住宅ローン減税制度の入居期限を延長=新型コロナ感染症の影響で対応/国交省、検討施策をまとめ不動産団体に通知=新型コロナウイルス影響で対応/国交省、地域型住宅グリーン化事業を秋から先着順に=積極的な取り組み支援/国交省、次世代住宅ポイントの申請受付再開=新型コロナ感染症の影響で対応/国交省、住宅建築の新技術を支援=補助金上限5千万円で募集開始/住宅金融支援機構、すまい・る債の募集開始=計画的な積み立て支援/中古戸建流通、件数価格とも減少=東日本レインズ調べ/高住協、リフォーム支援制度開設冊子を作/住宅金融普及協会、住宅LA講座を中止=第2回は実施予定/コンテスト受賞相次ぐ、大建工業・鶴弥・JHS・パロマなど=ホームシアターグランプリ2020」や「ジャパン・レジリエンス・アワード(強靭化大賞)2020」/福井コンピュータアーキテクト、住宅事業者向け現場管理システム製品「現場情報共有クラウド」販売=コミュニケーションもスムーズに/LIXIL、本木雅弘さん起用し新CM=「すこぶるもったいない」で〝組み合わせリフォーム〟訴求 他

決算
ノダ20年11月期第1四半期連結

人事・機構改革
大和ハウス工業

 関連(広告)

関連するキーワード

最近の紙面

過去の紙面

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)