2015年3月26日(第1755号)/住改善キャンペーン特集

主なトピックス
旭化成ホームズ、次期新規事業は「シニア」と「在宅医療」軸に/パナホーム、戸建住宅にZEH「ゼロエコ」仕様/木住協が2015年度に設立30年、既存対応支援で「合成接着梁工法」会員に/石膏ボード工業会、講演会で改正省エネ基準を解説/建物評価ルール改善など19項目、自民中古流通小委が提言案/国交省・DIY型賃貸借アンケート調査=空き家所有者・民間賃貸オーナー、事業関与に一定の関心

連載
コラム「ひと」=ミサワホーム総合研究所の長谷川恵美さん/都道府県別着工ランキング=34、宮崎県(住宅産業研究所・布施哲朗)/住宅トラブル対応作戦=47(弁護士・石川利夫)/新しい住まいの法務=3(弁護士・辻美和)/米国不動産市場、その特徴と実態=最終回/夢創造──住の新世紀」(住宅・不動産ジャーナリスト伊能肇)=71/住宅産業が日本経済を救う(元衆議院議員前参議院議員中村哲治)=4/官公庁・団体行事カレンダー(15年4月)

住改善キャンペーン
スムストック推進協がシンポ、中古住宅流通へ挑戦/旭化成不動産レジデンスが調査、マンションも限界集落化

掲載記事一覧
ミサワホーム、住宅金融事業を本格化/積水ハウスと大和ハウスが「なでしこ銘柄」に/アキュラが高級価格帯でブランド立ち上げ/旭化成ホームズ、初の海外生産拠点をベトナムに/大和ハウス、豊田市分譲地で電力融通導入/国連防災世界会議視察会に官民連携の災害対策紹介/住友林業・重要文化財「住友活機園」春の特別公開/第5回「不動産協会賞」に3作品/保有1物件に東洋ゴム製免震材料/NCN、「重量木骨の家」をブランド商品として訴求/木材利用ポイント、申請期限前に受付終了も=事務局HPで発行可能残高公開へ/新昭和、千葉の旭建設をM&A=千葉全域で大型建築事業/LIXILグループ、ダイバーシティ経営企業100選に/TOTO、はやぶさ以来の流体力学会技術賞/TOTO、中津工場に衛陶工場を新設/パナソニック、普及価格帯のタンクレストイレ/LIXIL総合研究所、IoT技術で「未来の住宅」/三協アルミ社、形材フェンス新シリーズを発売/経産省、15年度の固定価格買取制度価格を決定/大手部品2企業が「なでしこ銘柄」に/政府のコンパクトシティ支援、自治体向け相談窓口を地方整備局に/一団地認定で戸建て用地として敷地一部も、住宅団地再生で基本的方向性/国交省、サ高住改修補助や拠点整備補助拡充、空き家のサ高住化なども/笠間市がシェアタウン構想を検討、慶大SFCなどとのコンソーシアムで/累計登録数が17万戸を突破、2月末のサ高住登録状況/10~12月の住宅性能表示制度の建設交付は一進一退/銀行が重視する住宅ローン販売ルートは住宅事業者、14年度の民間住宅ローン貸出動向調査

人事・機構改革
大和リース/デザインアーク/大和物流/エネサーブ/大和ハウスパーキング/ロイヤルホームセンター/大和リゾート/ダイワロイヤル/大和ライフネクスト/大和ハウスリフォーム/リンナイ

関連するキーワード

こんな記事も読まれています

最近の紙面

過去の紙面

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)