シリーズ「住宅と消費税」=トヨタホーム山科忠社長、根本はマインド悪化

トヨタホームの山科忠社長は、住宅産業新聞のインタビューに応え、10月の受注が前年同月実績を上回っているものの「(反動減期にあった)昨年10月との対比によるもので、まだ本調子ではない」との認識を示した。

また、反動減の引き金を引いたのは消費税アップだが、根本には景気の悪化に伴う消費マインドの冷え込みがあるとも指摘した。その上で、早急な景気対策の必要性を指摘するとともに、12月にも公表されるといわれる税率10%へのアップを前提に、軽減税率の適用を含め課税のあり方について見直しを求めた。

山科社長は、今年4月の社長就任時には反動減も早期に収束するとの楽観的な見通しがあったとした上で「実際は9月時点でも〝戻る〟感じは全くしなかった」とする。特に、さまざまな産業分野で冷え込みが発生する中で、住宅という高額商品への買い控えにつながったとみる。

「景気回復へ即効性のある施策が打ち出せていない」ことも、反動減を長期化させている遠因としている。

2014年11月13日付1面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

あわせて読みたい

住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)