NCN、九州にSE構法の供給拠点 | 住宅産業新聞

NCN、九州にSE構法の供給拠点

エヌ・シー・エヌ(本社=東京都港区、田鎖郁男社長)は9月30日、同社が進めていた全国的(北海道と沖縄を除く)なSE構法の部材供給拠点の整備として、九州で指定工場を設置し、このほど商業ベースでの生産を開始したと発表した。同社は数年前から供給網の整備を行っていた。九州での拠点構築により、それまで関西から運んでいた部材の地元での調達が可能となり、物流コストが大幅に削減。九州におけるSE構法の浸透に寄与するものと同社では期待している。

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)