アサカワホーム、屋根貸し事業で太陽光を無料搭載=10年後から売電メリット

アサカワホーム(本社=東京都立川市、細渕弘之代表)は9日、同社の新築戸建住宅を購入するエンドユーザーの希望者を対象に、3キロワット以上の太陽光発電システムを無料搭載する新事業を始めた。

当面の事業期間は希望締切りの今月末まで。同社が販売する注文戸建住宅の約半数は、建物価格税別990万円からの「990万円の家」で占められる。予算の関係で太陽光搭載を断念せざるを得ない層に、(1)無料搭載(2)今後の売電買取り価格の低下が確実視される中で高止まり価格1キロワット42円を設置10年以降10年間享受――をPR、住宅商品本体の販売増につなげたい考えだ。

2013年2月14日付け3面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

コメントを残す

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

2019年度上期アクセスランキング

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください
 

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10MB)