積水ハウス阿部社長、シャーウッドの商品ブランド強化へ、陶版外壁「ベルバーン」内製化ライン本格稼働で | 住宅産業新聞

積水ハウス阿部社長、シャーウッドの商品ブランド強化へ、陶版外壁「ベルバーン」内製化ライン本格稼働で

積水ハウスは、木質戸建住宅『シャーウッド』のブランド強化に乗り出す。事業拡大の重要アイテムと位置づける、専用の陶版外壁「ベルバーン」について、静岡工場(静岡県掛川市)の製造ラインを拡充し完全内製化がスタート。約23億円の設備投資を行い、生産能力で従来の2・5倍となる月産5万平方メートルを可能にした。阿部俊則社長は「釉薬の優れた質感とともに堅さと強度を備えたシャーウッド事業拡大の武器。採用率も現行の4割を、早急に半分程度まで伸ばしたい」として、積極的に取り組む姿勢を示した。

ベルバーンについては、シャーウッドの高級商品である「エム・ベルサ」や50周年記念商品「グラヴィス・ヴィラ」などに提案する外壁材。工業製品として、耐候性と耐久性に優れ高い強度を誇る。陶版のため経年劣化が起きにくく、塗り替えなどの必要がない。さらに、接合部に高耐久シーリングを採用することで、長期にわたり風合いが保てる。

2012年2月23日付け1面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)