大京、戸建て分譲に新規参入、3大圏で体制確立目指す | 住宅産業新聞

大京、戸建て分譲に新規参入、3大圏で体制確立目指す

大京が戸建建売分譲事業に参入した。戸建専用ブランド「アリオンテラス」を創設し当面は神奈川など首都圏で展開、中期的には名古屋および大阪圏でも同事業をスタートさせ、全国的に戸建需要が旺盛な3大都市圏で事業体制を確立する。

扱う戸建商品は、高いデザイン性の実現と共に、住宅性能表示を取得し第三者に担保された品質をアピール。ライオンズマンションブランドで確立した知名度を背景に事業拡大を目指す。

2011年6月30日付け1面から記事の一部を抜粋

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)