野村不動産G、リフォーム事業で新会社、5年後100億円規模に | 住宅産業新聞

野村不動産G、リフォーム事業で新会社、5年後100億円規模に

野村不動産グループがリフォーム事業強化に取り組む。これまで、住宅管理会社の野村リビングサポートの部門が担当していた事業を分離・独立させるとともに、グループ15番目の事業会社「野村不動産リフォーム」として4月1日付で営業をスタートさせる。営業エリアは、当初首都圏の1都3県を中心に展開するが、順次地域や人員をを拡充し5年後には売上高100億円を目指す。

新会社の野村不動産リフォームは資本金1億円。野村リビングサポートが80%、不動産流通事業会社の野村不動産アーバンネットが20%出資し、両社との連携などグループの総合力を生かした展開を行う。

2011年2月23日付け2面から抜粋

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
電子版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)