アキュラホームが全新築の住宅履歴情報を共通ID管理、国産材化の推進も | 住宅産業新聞

アキュラホームが全新築の住宅履歴情報を共通ID管理、国産材化の推進も

アキュラホーム(本社=東京都新宿区、宮沢俊哉社長)は8日、(1)共通IDによる新築の住宅履歴情報管理(2)使用木材の国産材化(3)大規模木造建築の商品化に向けた検討――を進めることを明らかにした。住宅履歴情報の共通ID管理および使用木材の国産材化の施策については、一定期間後、同社が事務局を務めるボランタリーチェーン・ジャーブネットの会員工務店に推奨するとしている。

共通IDによる住宅履歴情報管理は、事業会社エポシステムのシステムを利用する。今後、アキュラホームが供給する全新築物件の住宅履歴情報を、共通IDで管理。販売済みの既存住宅も共通IDによる情報管理を行う構想で、既存住宅分野では当面、社員向けに供給した物件について、ビジネスモデルにつながるノウハウ蓄積の基礎運用を行う考えだ。

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

あわせて読みたい

住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)