旭化成ホームズ、新構法採用の戸建住宅新商品「ラティウスRD」=2階部分は自由度高い大空間を実現

旭化成ホームズ(東京都千代田区、川畑文俊社長)は、創業50周年記念商品「ヘーベルハウス ラティウスRD」を4月28日に発売した。

新構造を採用し、2階部分は柱と梁のみで構成する自由度の高い大空間が確保できるという。

施工性にも配慮しており、重鉄制震構造でありながら2階建て用の基礎仕様が採用できるため、既存の施工店でも施工可能とした。

コロナ禍・テレワークの定着で顕在化した「より広く、質の高い理想の暮らし」を求めるニーズに対応する。

2022年05月17日付2面から抜粋
全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください
毎週じっくり読みたい【定期購読のご案内
今スグ読みたい【電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

記事をシェアする

あわせて読みたい

ほかの記事も読む

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)