大和ハウス工業、千葉・流山に近隣商圏型商業施設を新設=新施設名称「コトエ」の第1店舗目に

大和ハウス工業(大阪市北区、芳井敬一社長)は4月27日、つくばエクスプレス・流山おおたかの森駅から徒歩4分の場所に近隣商圏型ショッピングセンター「コトエ流山おおたかの森」を開業した。オープニングセレモニーで増田尚嘉同社東京本社SC事業部長は「『わが家のビッグパントリー』をコンセプトに、便利に気軽に使ってもらいたい」とあいさつした。

土地はURから取得した。敷地面積は約2万平方メートル。地上3階建ての物販棟(延床面積約3万平方メートル)と地上2階建ての飲食棟(同約2千平方メートル)の2棟構成で、敷地中央に平面駐車場を確保した。総店舗数は26店で、スーパーマーケットのロピアや家電量販店のコジマ×ビックカメラなど、15店の市内初出店店舗が入居。英会話や歯科・小児科などの専門店も充実している。

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

2022年05月10日付2面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

あわせて読みたい

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)