七呂建設が富裕層向けモデルハウスを開設、ブランド展開をスタート

七呂建設(鹿児島県鹿児島市、七呂恵介社長)は20日、同社がこれまでの技術を結集して開発した富裕層向けの最高級住宅ブランド「TSUMUGU(ツムグ)」のモデルハウスをオープンする。

ブランドメッセージは「ひとつひとつ、想いを紡ぐ。」というもの。

七呂社長は「九州には金融資産が5千万円以上の富裕層と呼ばれる人が約128万人存在するが、この層が求める住宅をかなえることができる建築会社が少ないことがわかった」ということから、富裕層を対象とした住宅を鹿児島、宮崎、熊本の各県で販売するためにモデルルームでは、妥協することなく技術の限界に挑戦。利便性とデザイン性の両者を徹底的に追求することで、こだわりの強い富裕層のニーズを具現化した。

2021年11月18日付3面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

あわせて読みたい

住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)