ポラスグランテックがさいたま市緑区で初の試みとして「ガレージハウス賃貸」を展開=長期・安定的な経営を目指して

ポラスグループのポラスグランテック(埼玉県越谷市、中内晃次郎代表)は2日、さいたま市緑区内に完成させた同社初の専用ガレージ付きガレージハウス賃貸「美園BASE」と隣接する敷地に建てた戸建賃貸「マインドハイム浦和美園」を公開した。

ガレージハウスと戸建賃貸は需要も高く差別化も図れることから長期入居が見込めるほか、浦和美園エリアの将来性なども考慮されたこともあって物件への関心も高かったという。両物件ともに、21日から入居が開始される予定だ。

2021年08月12日付3面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

あわせて読みたい

住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)